厚生労働省認定の一級葬祭ディレクターが在籍しておりますので、安心してお任せください

Q.もしものとき、必要になるものは何ですか?

A.取り急ぎ必要になるものは、「遺影のお写真」「印鑑」です。

お写真はピントの合った、良い表情のものをお選びください。
印鑑は認印で構いませんが、死亡届を提出する際にも必要になりますので、シャチハタは使用できません。

Q.親族や家族への連絡は、どのようにしたら良いですか?

A.特に親しいと思われる間柄の方には危篤時にご連絡を。

その他のご親戚や関係者の方にはお葬儀の日程がある程度決まってからお知らせなさるほうが混乱を招かないかと思います。

Q.亡くなった後、何をすれば良いでしょうか?

A.病院などで亡くなったとき、法律により24時間以上経たないと火葬することができませんので、
 安置所が必要です。

一緒にご自宅に帰り、布団にお寝かせするのが一般的ですが、斎場や専用施設もございます。ご希望に応じてご決定ください。
故人様の安置には、車の手配や人手も必要になります。その後の段取りのこともありますので、依頼される葬儀社が決まっている場合は、最初からお任せすると良いでしょう。

Q.役所への手続きはどのようなものがありますか?

A.火葬を行うためには役所へ死亡届を提出し、火葬許可証を取得する必要があります。

火葬後はその証印が押され、そのまま埋葬許可証になります。納骨許可証にもなりますので大切に保管ください。

Q.葬儀費用の基本的な部分はどのようなものでしょうか?

A.祭壇・棺・式場使用料(自宅は不要)・人件費・食事(通夜ぶるまい・精進落とし)・
 返礼品・お布施・火葬費用・霊柩車費用などです。

その他のご質問、ご相談はこちら  フリーダイアル 0120-45-3548