ご臨終直後の対応

-病院で亡くなられた時-

*危篤になられたら家族や近親者に連絡します。
*ご臨終されましたら、末期の水を取り、清拭し、死化粧を施し、着替えを行います。
※末期の水…あの世で乾きに苦しまないよう口元を脱脂綿や筆でそっと湿らす風習です。

葬儀社へ連絡を入れます

…故人を安置する場所へ移動する際、寝台車を病院から紹介されることがありますが、初めから当社へ任せていただけるとその後のことも段階を踏んでご案内させていただきます。
※現在の法律では24時間を経過しないと火葬できないことになっていますので安置する場所への移動が必要になります。
*死亡診断書を受け取ります。
*主治医や看護師に挨拶し、精算を済ませます。
※死亡診断書は市町村役所へ「死亡届」を提出する際に必要です。
 「死亡届」の手続き終了後、「火葬(埋葬)許可証」を受け取ることになります。

-ご自宅で亡くなられた時-

*医師に連絡し、死亡の確認をしてもらい、死亡診断書を受け取ります。
※事故死の疑いのある場合は警察に連絡します。 *ご家族、親近者に連絡します。

葬儀社へ連絡を入れます

…故人を安置する際のドライアイス・枕飾りを手配させていただくことができます。

*枕飾りを用意します。
※枕飾り… 納棺するまで頭を北に向けて安置します。
手は胸の上で組ませ、数珠をかけ、顔はサラシの面布で覆います。
枕元に小さな机を置いて白い布をかけ、ローソク、線香などを飾り、火を灯します。
※神棚がありましたら、神棚を封じます。白い紙を貼り、穢れが入らないよう意味があります。
※弊社にも安置していただけます。

届出と決める事柄

*死亡届を提出し【火葬許可書】を受け取ります。弊社が代行いたします

*お通夜・ご葬儀の【喪主】と【世話役】を決めます。

※喪主は世帯主・配偶者・長男などがなりますが、葬儀後も年忌法要など供養を行う人がよいでしょう。

◆宗旨、宗派、家紋をご確認ください。

*ご葬儀の【日時】【会場】【内容】の決定
※故人の地位、宗旨、会場、規模、会葬者数などにより、ご葬儀の内容を決定します。
※お通夜・ご葬儀の日時と会場は、お寺さんや火葬場、会館の都合などもありますので、喪主・僧侶・葬儀担当者との間で決定します。
*お通夜とご葬儀の手配 全て当社で用意させていただきます

◆遺影…写真だけご用意ください

◆火葬場への車の手配

◆受付用具・記録簿

◆会葬礼状の印刷の手配

◆会葬御礼品(粗供養品)

◆喪服

◆通夜ぶるまい…東鮨と陣八から選んでいただけます

全て当社で用意させていただけます イラスト
その他のご質問、ご相談はこちら  フリーダイアル 0120-45-3548