宗教別

仏 式

日本では約9割のご葬儀が仏式で行われていると言われています。仏式葬儀とは、仏教の教えの下で行われるお葬式のことです。宗派によりお経や焼香作法は異なりますが、願うことは大きく違わず、“故人の極楽往生”、“故人が仏弟子になること”を仏様にお願いしてお見送りする意味が込められています。葬儀や法要で数珠を持つのも仏教だけです。

神 式

日本古来の葬儀形式が、神式葬儀(神葬祭)です。神社の神主様をお招きし、故人の自宅か斎場で行い、神社では行わないのが一般的です。その目的は「故人の御霊をその家に留め、守護神となってもらう」ことです。神道における人の死は「帰幽」と言い、お通夜やご葬儀では、仏式の焼香にあたるものとして「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」が行われます。神の霊が宿るとされる玉串(榊の枝に四手という紙片を下げたもの)を供えます。

キリスト教式

キリスト教式のご葬儀は、宗派や教会で流れが異なります。死は、天上の神から罪が許され、永遠の安息を与えられることとされ、「召天」や「帰天」と言い、訪れる「復活の日」まで天国で過ごします。キリスト教には元々お通夜はなく、現在キリスト教式で行われているお通夜は日本独自のものです。お悔やみは言わず、「安らかな眠りをお祈りいたします」などと挨拶します。

カトリック

故人の罪を神に詫びて許しを請い、永遠の命を得られるように祈ります。

プロテスタント

神に感謝し、遺族を慰める為に行われ、神に捧げる祈りを中心に行われます。


式の後は、一般的に簡単な会食や茶話会をしますが、仏式と異なり、お酒は出ません。
ご葬儀は主に教会で行いますが、自宅や斎場で行うこともあります。

無宗教式

無宗教のご葬儀は、「お別れ会」「音楽葬」としての意味合いが強く、進行の段取りや決まり事がないので、一から作ります。注意したいことは、葬儀に対する故人の意向を確認し、親類縁者の合意をあらかじめ得ておくことです。自由スタイルの葬儀に抵抗を感じる方も少なくなく、トラブルに発展することもあります。トラブルさえ回避できれば、心ゆくまで故人と向き合うことのできる機会となります。